ネコ虎紳士の徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本もアメリカ並みの銃暴力社会に!各世帯にせめてピストル一丁の配給を、丸山眞男が提案!

<<   作成日時 : 2016/08/31 21:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 4人も拳銃を向けて発砲し、一人を撃ち殺すなんてアクション映画を地で行く事件が和歌山で起きたが、立てこもったアパートから姿を出しているところを見ると、二丁も拳銃を持って弄んでいる。人質がいるわけでもないのに溝畑容疑者は堂々と警察の前で姿を晒している。4人も撃った後だというのに、溝畑は身の危険つまり警察から狙撃される心配をしないのだろうか。
 さすがここは日本であった。アメリカやヨーロッパではない、バングラデシュでもない。日本だ。日本の警察は犯人を狙撃なんぞしないと溝端は絶大なる信頼を寄せているのだ


典型的なネットの声。
パトカーに4発も銃撃を受け、何の反撃もせずに取り逃がしたんだって? おまけに、立て籠もった時も何度も狙撃するチャンスが有ったのに、何のアクションも無しって、日本の警察はどうなってんだ

 日本の警察は人権を最も重視するので、狙撃なんぞという野蛮なことは絶対しないのである。SATとかSITとかいう特殊部隊はあるにはあるが、使うことは絶対にしないのである。人権が大事だから。

 そういう日本の警察に溝端容疑者は絶大なる信頼を寄せているのだ。寝なければいいだけだ。撃たれる気づかいはない。

 昔の愛知県であった発砲立てこもり事件でもSITはいたが何もしなかった。犯人の撃った銃の流れ弾に当たって可哀そうに若い警官が亡くなった。
 何十時間も説得後やっと犯人が出てきたと思ったら、警察が犯人に「ありがとう」という声がスピーカーから流れてしまい、テレビで放映されてしまった。みんな唖然としてしまった。仲間が銃撃されて死んだというのに、犯人に礼を言う警察があるか、腰抜け愛知県警め、と皆が思った。

 しかし、今回の和歌山事件を見ると、腰抜けなのは愛知県警ではなく、日本の警察全体なのであった。犯人自身が腹を撃ってくれたから、和歌山県警としてはホッとしているだろうが、犯人は覚せい剤常習で興奮状態が持続しているなら二日ぐらい寝なくても大丈夫だろう。それでも和歌山県警は待つのだろうか。
 
 それにしても、拳銃を2丁も持ち、気楽に発砲しているのは恐ろしい限りだ。事件後一般住民に被害が出なくてよかった。こんなことが日常化するなら、住民も拳銃くらい持って自衛したくなるのではないか。
 それを実際にやっているはアメリカだ。銃による殺人事件が頻繁に発生しても、銃を規制するのは難しいようだ。
 アメリカでは市民の銃所有が憲法に保証されている。人民の武装権ってやつだな。日本じゃ到底認められない権利だ。今度の憲法改正では、人民の武装権を取り入れようなんていうことには絶対ならない。

 しかし、左翼は違うんだな。政治学者丸山眞男は60年安保の頃「各世帯にせめてピストル一丁の配給を」と提案していたらしい。そして堂々とこれに共感する現代の左翼学者がいる。デモ好きな小熊英二という学者、いや扇動家が人民の武装権を賞賛しているのだ。
 「市民と武装 ―アメリカ合衆国における戦争と銃規制」(慶應義塾大学出版会)という本を小熊は書いている


 この本はアメリカで起きた日本人留学生射殺事件直後に書かれたのだが、小熊は米ライフル協会と同様の理屈つまり憲法に保障された人民の武装権から市民の銃所有を賞賛するのだ。
 武装市民の理念とは、反軍、反政府、反権力ということだ。小熊は人民の武装による革命(これを突き詰めればテロも容認)を夢見ているから、アメリカの銃暴力社会を批判できない。むしろ、丸山眞男の「各世帯にせめてピストル一丁の配給を」という馬鹿げた提案に共感する。
 だから、小熊にとって、溝端容疑者の2丁拳銃姿なんて羨ましくてしょうがない。理想の型なんじゃないか。「ああ、あの拳銃をシールズに持たせて、国会前でデモをやったらさぞ凄いことになるんじゃないか」とかね。

 それにしても丸山眞男の「各世帯にせめてピストル一丁の配給を」なんてすごいことを言ったものだ。敗戦後の日本革命を本気で夢見たときの妄想だったのだろうね。しかし、その精神は小熊に脈々と受け継がれているんだ、恐ろしいことに。

(当然なことだけど、革命成就後は市民から全ての武器は取り上げてしまうよね。革命家は市民なんて信じていやしないから、反革命勢力になりうる勢力は徹底的に弾圧、粛清だね、共産国家ならこれ当然よ。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本もアメリカ並みの銃暴力社会に!各世帯にせめてピストル一丁の配給を、丸山眞男が提案! ネコ虎紳士の徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる