ネコ虎紳士の徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 某経済系ブログ(非専門家)を読んで

<<   作成日時 : 2015/06/21 23:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 最近は暇なので、専門家のブログだけでなく、素人ブログも渉猟している。書評ブログなどは参考になる。その中で目につくのが団塊世代のブログで世の中への不満をぶちまけるものだ。つまり私のブログと同じ趣旨のものだ。そういうものにたまにコメントしている。がほとんど無視されている。そんなものだろうね。

 最近知ったブログがある。
「専門は経済だと自負しています。今はすでに退職して、悠々自適。これからは執筆に力を入れるつもりです。よかったらおつきあいください。経済のことなら、理論から現実までかなり詳しいと思います。」
 自己紹介をみると、私と同年齢の退職者で、元某放送局社員でそこそこの役職にも着き、かつ経済は詳しいとおっしゃっているので、のぞいてみた。

 でも財政破綻論のオンパレード。国債暴落に危機感を持っているようだ。しかし、それっていつものマスコミ記事まんまで、どこが「経済のことなら、理論から現実までかなり詳しい」のか、さっぱりわからない。二つ三つほどコメントを入れてみたが、反応なし。

 このブログ、アクセスも少ないし影響力はほとんどないようなのでコメント入れても意味ないなと思ったが、でもよく考えてみると、コメントを書くことは自分の勉強にもなるのだ。ふわっとしたコメントを書いても説得力に乏しい。そして、結構財政破綻論を信じ込んでいる人に、私も経済の専門家じやないので、必ずしも論理的に攻めることができない。きちんとコメントするために、もう一度勉強するためのよい機会を与えてくれたということか。
「ご意見、ご感想を歓迎します。」と書かれているので、うまくいけば対話も可能だ。といっても。固く信じ込んでいるようだからほぼ不可能だとは思うが、別の考え方もあるということを知ってもらったらうれしい。

 コメントするに当たって、礼儀は守らねばならない。口汚くののしったり、決めつけたり、直接揶揄したりするのは止めないといけない。
 私のこのブログへのコメントでの決めつけ「このブログ馬鹿すぎる」とか「とりあえず、ブログ主が人の死を利用して、テロリストよりもまず『サヨク』攻撃に走るマインドの持ち主であることは良く分かったよ。」は、礼儀もわきまえず、単なる落書きに過ぎないものの気分を害することは確かだ。私もこういう書き方はしないよう気をつけないといけない。

 ひどいコメントについて。
いつも参考にしている「農と島のありんくりん」の昨今の記事へのコメントに、ブログ主が怒っていた。
 沖縄の基地面積の記事について、一人三役となってひどいコメントで荒しまくっていたが、同一IPということでばれてしまった。左翼の卑劣さがここに表れている。つまり「目的が正しければ、手段は正当化される」、と。あの民主党長妻昭と同じ思想だ。
 そして、ブログ主は危惧していう。
「…そして起きました。そのキックバック現象としての「嫌沖論」です。
「そうか、沖縄県はウソばかり言ってきて、金をせびってきたのか。このやろう、とんでもない奴らだ」という逆流が発生しました。
 今その傾向はネット界ではあからさまになってきています。ネット界の一部では、沖縄は韓国と並んで生理的な嫌悪対象にすらなっています。私はこの「嫌沖論」は絶対に許せません。断じて許せません。本土のために礎となって死んでいった多くの、あまりに多くの沖縄県民のためにも許せません。私は安易なヤマト・ナショナリズムと、オキナワ・ナショナリズムの真正面からの衝突を、誰よりも恐れています。これは埋めがたい溝を、本土と沖縄の間に作るだけではなく、中国に漁夫の利を得させる結果となります。(後略)」

 「「嫌沖論」は絶対に許せません」とのことだが、翁長知事が出てきたことやこの「農と島のありんくりん」を読んで、今私もその「嫌沖論」に成ってしまっている。「本土のために礎となって死んでいった多くの、あまりに多くの沖縄県民のためにも許せません。」という思いには大いに同意するが、それを悪用する悪しき沖縄人と本土人には嫌悪を感じるのだ。恐らく嫌韓と同様今後は嫌沖が日本中で益々進行していくことだろう。それは誰のせいなのか問うまでもない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
某経済系ブログ(非専門家)を読んで ネコ虎紳士の徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる