テーマ:政治

沖縄の愛国ヒロインたちよ、頑張れ!

 6月に「沖縄の真実をもっと知らないといけない」と題して書いたのですが、その実沖縄について大して勉強しませんでした。自分の権力強大化のためなら何でもするというトンデモな翁長知事の顔を見ると反吐が出そうになり、考える気も失せてしまうのです。  沖縄は韓国化してしまいました。論理も構造もそっくりそのままです。だから多くの人が「嫌韓」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦瑠麗という政治学者に絶望してしまった私

東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員三浦瑠麗が書いた「日本に絶望している人のための政治入門」(文春新書)を読んだ。評価はD、最低だ。題の付け方に興味を覚えたので読んでみただけ。  いくら出版社に書名をつける権利があるからといって、サラリーマン啓発本じゃあるまいし、誇大広告すぎるんじゃないの。「日本に絶望している人のための…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

難民報道の違和感

 トルコの海辺でシリア難民の子供が死体で波に洗われている。それを映すカメラマン、なぜ助けようとせず、いつまでもカメラを向けているのか。変!全く変! ネットの声。 「「上海南駅の赤ん坊写真」とか湾岸戦争時の重油まみれの海鳥みたいな、プロパガンダのにおいを感じてしまう。この水死自体は本物だとしてもそれを「政治利用」するのはいかがなも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中国「抗日戦争勝利70周年」軍事パレードはすばらしい青空の下で行われたが…

 何だか時代錯誤の軍事パレードにも思えるが、習近平にとっては今一番の大事な儀式であり、大成功に終わったようだ。 日本の左翼連中も皆さん大喜びのことであろう。日本に向けられるかもしれないミサイルや戦車、一糸乱れない軍人の行進を見て感激も極まったのではないか。TBSその他の関係者も「祖国中華人民共和国万歳!」と思わず叫んだことだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相のナイスな決断は、安保論議のお蔭!

 下村文科相も菅官房長官も安倍首相もみんな、新国立競技場はザハ・ハディド案で実施すると言明していたので、もう覆らないだろうとあきらめていたが、今日安倍首相が白紙に戻すとナイスな決断をした。  これは安保論議について、全く左翼とマスコミが頑張ってプロパガンダをしてくれたお蔭だ。怪我の功名とはこのことだろう。安保論議で安倍の支持率が低下し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党にこそ言論の自由がない!自民党青年局の憂さ晴らし発言の波紋

「自民党の言論弾圧」だと、またまたマスコミその他がはしゃいでいる。 「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。不買運動を経団連などに働きかけてもらいたい」、「テレビの提供スポンサーにならないということが一番こたえる」と自民党若手が無邪気というか居酒屋的発言。アホか。 「農と島のありんくりん」氏が今日「百田発言を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦後70年経っても成長しない人たち

 安全保障というと何故か「戦争」を思い起こし、戦争するのは日本であるという妄想を逞しくして、とっても元気が出る人たちがいる。 リベラルの退潮、政治勢力としても思想勢力としてももういるかいないか分からないような小さな存在になっているのに、「戦争」に関連しそうな事柄には、思い切り飛びついて騒ぎまくる。腰の曲がった年寄りが、急に色気づいて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レッテル張りは民主主義の愚弄だ!

 安保法制審議は何とも面白くない。衆院憲法審査会に長谷川恭男という惚けたおっさんを自民党が呼んでから話がややこしくなったが、これは単なる人選ミスでもなんでもなく、自民党内工作員の謀略活動の一環だろう。中川昭一議員が仲間から薬を盛られたイタリアG7の際の朦朧記者会見の再現の感を濃くする。 「農と島のありんくりん」氏が嘆いている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女安倍晋三か?「もっとダメなやつ」と三橋貴明氏がダメ出し!

 自民党の稲田朋美政調会長。日本初の女性総理大臣なるかとも言われている。その他候補は高市早苗か野田聖子らしいが、何故か知らないが稲田朋美が急浮上。  稲田朋美が名を上げたのは、何と言っても民主党菅直人首相への代表質問だろう。歴史に残る名演説だった。(今でもYouTubeで見ることができる) 「…民主党政権になって一年、民主党…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

投票権が18歳に引き下げられたけど…

 今日参議院で改正公選法が可決。18歳に選挙権が与えられた。テレビニュースを見ても、高校での選挙に関する授業が取り上げられていた。  私のすぐの感想は、「ああ一番喜んでいるのは日教組だな!」である。日教組の活動も昔ほどの精彩が感じられないが、こんな美味しい餌というか目的が与えられて、喜ばない日教組活動家はいないだろう。 産経新聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

革命家!民主党長妻昭代表代行の正体!

 民主党長妻昭がすごいことをテレビで言ったようだ。産経新聞が伝えている。 民主・長妻氏が議事妨害の「暴力」を正当化「お行儀よく見過ごせば国益かなわない 産経新聞6月14日(日)  民主党の長妻昭代表代行は14日のフジテレビ番組「新報道2001」で、同党議員が12日に衆院厚生労働委員会の渡辺博道委員長(自民)の入室を実力行使で阻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭のおかしい元官僚たち、特に民主党議員ども

今民主党が張り切っている。安保法制と年金情報漏えい問題だ。しかし、張り切り過ぎてどうしようもない奴がいる。頭のおかしい元官僚たち、特に民主党議員どもだ。 先日は民主党の後藤祐一という衆院議員が泥酔状態(テレビ出演して浮かれて飲んだらしい)で議員宿舎に帰宅し、タクシー運転手とトラブルとなり警察官が出動する騒ぎを起こしたが、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テロには屈しない!じゃぁなかったの?

「埼玉県朝霞市役所によると3日未明、「明日の午後3時に市役所を爆破する」という内容のメールが届いたという。警察などが市役所内を調べた結果、不審物は見つからなかったが、朝霞市では4日午後2時半から午後3時半にかけて、市役所や公民館・学校など96の全ての公共施設を一時閉鎖し、約1万7000人が避難した。」(ニュース)  朝のニュース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お前が言うな!

 橋下が都構想敗戦記者会見でしきりに「日本の民主主義がレベルアップした」と言っていた。なんだが違和感を覚える物言いではないか。負けたのなら「まだ民主主義が熟していない」といってもいいのに、負け惜しみなのかさばさばした顔で語っていたが、私は橋下をまったく信用しない。  橋下は民主主義とは「数」であり、勝てば全権委任されたのだから、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未練たらたら?

 大阪都構想否決の分析で目立つのが、高齢者と貧乏人が反対に回ったというもの。つまり大阪都構想は正しかったが、自分の利益のみ考えて、将来のことを無視した「輩」が、大事な都構想を潰してしまったというものだ。未練がましいぜ。いつもは高齢者福祉を訴えるマスコミがこういう時は、福祉否定して恬として恥じない、おかしいんじゃないの。  もっと視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党の細野豪志って、こんな奴だったのか。最低、最悪な奴だな!

産経新聞より。 「民主党の細野豪志政調会長は10日の記者会見で、70年を迎えた東京大空襲について「国策の誤りを反映した結果だ。過去の総括はしっかりとしていかなければならない」と述べた。東京大空襲が非戦闘員の殺戮を目的とした米軍の無差別爆撃であることには一切言及しなかった。…」  こりゃひどい、と絶句!日教組による反日教育の完成さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やぶへびだった与那国住民投票だが、トンデモナイ罠が!

 私は住民投票には否定的である。住民投票は、議会制民主主義を破壊するものだ。左翼は直接民主主義としての住民投票を推し進めているようだが、それは民衆の軽蔑を前提にしている。要するに、民衆、大衆はバカである、プロパガンダでどうにでもなる存在だ、マスコミは左翼で乗っ取っているから、大量宣伝が可能だ、だから選挙よりも、争点を絞って先鋭化して煽動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ、NHK籾井会長!

 18日のこと。NHKの籾井会長が民主党にNHKの経営計画を説明しにいった。  階(しな)という民主党衆院議員が、理事全員に辞表の提出を求めた件を籾井会長が「一般社会ではよくあること」と述べたことについて、「間違った事実を発信した」と追及し始めた。  籾井氏が「ある。皆無ではない」と説明したが、口論となった。その後も、民主党議員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アホな市長の犠牲になった可哀そうな所沢市の小学生たち

 航空自衛隊入間基地に近い小中学校にエアコンを設置するかどうかを問う埼玉県所沢市の住民投票が昨日15日に実施され、賛成5万6921票、反対(3万47票)を上回って過半数を占めた。しかし、投票率は31・54%で有権者の3分の1に達しなかった。だから、勝ったものの市長はクーラー設置はしないだろう。  そもそもの発端は、11年秋に当選し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異常性癖の教師たち

 過激派組織ISISが殺害した日本人人質の遺体画像を、小中学校の教師が児童・生徒に授業で見せた事件が相次いでいる。見せた教師は40代、50代とバラバラだが、名古屋では20代の女教師だという。  見せた理由は揃って「ISISを許せない気持ちを、生徒にも感じてほしかった」としているようだが、全くの嘘っぱちだろう。  私自身のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懲りない面々のいつものお遊戯

朝日新聞記事より 「「イスラム国」人質事件後、政権批判の自粛が社会に広がっている――。フリージャーナリストや学者らが9日、会見を開き、「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明」を発表した。インターネットなどを通じ、映画監督森達也さん、社会学者の宮台真司さん、作家平野啓一郎さんや中島岳志さんら表現に携わる1200人が賛同し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤井聡×橋下バトル

 山本太郎とどっこいどっいの橋下徹が喚(わめ)いている。山本も橋下も芸人から政治家になったため、芸人根性から抜けることができない。芸人の命は、おのれの顔を晒(さら)して何ぼ、であるから、人とちがったことをし続けないと生きていけない悲しい動物だ。自ら望まなくてもひょんなことから脚光を浴びる幸運な芸人もいる。エレキテル連合などはそうだ。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恥ずかしい日本人たち

 「後藤さんの死を悼み、今回の事件を呼び込んだ安倍首相に抗議する人々がきょう(2.2)午後、官邸前に集まった。「救えた命を救わなかった」「後藤さん、湯川さんを殺害したテロリストに手を貸したのは安倍だ」・・・官邸前は安倍首相の姿勢を糾弾するプラカードで一杯になった。」  ネットの声。 「左翼じゃなくてただのテロ集団を支持する団体にまで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

IS人質事件についての私の妄想

 IS人質事件がなかなか解決しないので、テレビのニュース番組はほとんど見ていません。 (情報もない中でよくも延々とやっているのが不思議。常岡浩介というフリージャーナリストと称してコメンテーターとしてテレビに出てくる目つきの鋭い胡散臭い男がいるが、こいつの正体はイスラム国の広報マン。テロリストの仲間です。「農と島のありんくりん」に常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表現の自由に制約があるというのは安易だと批判する宮崎哲弥だけど…

 シャルリ銃撃テロ事件について、表現の自由に制約があるという人がいるけど浅いのではないかと評論家宮崎哲弥が週刊誌やネットで批判を展開している。  「ライシテ」という概念を説明しての自説の展開だが、「ライシテ」とは政教分離、非宗教性、世俗性などを意味する概念であり、国家や学校などの公的な空間から宗教色を一掃するというもの。つまり、西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私はシャルリー」にnonを!

「連続テロ事件が起きたフランスの各地で11日、テロに屈しない決意を示す大規模な行進があった。仏メディアによると計200万人超が参加したという。イスラム過激主義を背景に、表現の自由を踏みにじり、17人の命を奪った現実に抗議の意思を表明した。オランド仏大統領ら欧州の首脳に加え、イスラエル、パレスチナのトップも顔をそろえた。」(朝日新聞) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「それはうれしい悲鳴」だってさ。懲りない菅元首相だぜ!

 経産省は16日の専門家会議で再生可能エネルギーによる電力買取り制度を抜本的に見直す案を示したとの報道があり、昨日(12.18)テレ東WBSではこの制度を批判的に取り上げていた。新自由主義的WBSとしては久しぶりにまともな報道だった。  北海道のオール電化マンションの住人(高齢者)を取り上げ、電気代が毎月2万円弱にもなり、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創られる文化芸人?古市憲寿と青木大和

 古市憲寿はまだ学生(29歳)なのに社会学者としてテレビのコメンティターや政府の消費税増税点検会合のヒヤリングに識者として選ばれている。その発言等はひどいもので世間の失笑を買うものばかりなのだが、左翼マスコミ等が大事に育てているようで、実績・実力が伴わないのに大事に扱われているから結果はいつも哀れである。いわば、文化芸人なのだが、若いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財政破綻があり得ない国が財源に悩む必要などない

先日もムーディーズが日本の国債を格下げしましたが、日本の財務省が今より真面目だったおよそ10年前、日本国債を格下げした格付け会社3社に対して書簡を発出し、その中で「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。デフォルトとして如何なる事態を想定しているのか」と抗議しています。 つまり、財務省は、日本政府の財政破綻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結局問題は、財政健全化の固い呪縛から解き放たれるかどうかなんだ

 消費税増税賛成派は結構いるんですね。エコノミストやマスコミが賛成するのは、よくわかるんです。彼らは利害関係又は脅されて、そうしているのですから。偉い東大経済学部の教授(伊藤隆敏や伊藤元重ら)ですら、財務省の御為に経済学的屁理屈をこねくり回しています。いや財務省の世話になっていないような確信犯的経済学者池田信夫のような人もいますが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more