テーマ:中国

卓球福原愛選手の「サー」という掛け声の意味はこういうことかも?

 卓球福原愛選手、リオでは「サー」という掛け声は余り聞かなかった気がするがどうだっただろう。もう忘れてしまった。昔は当初、この福原愛選手独特の「サー」にびっくりしたものだった。まあいろんな掛け声があっていい。スポーツ種目によって様々だろうから。  ネットをみると、 「もともとは中国で球が台から外れることを「下(シャーと発音)」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人ネットユーザに賛意を表する!中国政府がついに爆買い禁止令を出す! 

(毎度同じような中身で済みません。)  レコードチャイナが「中国政府がついに爆買い禁止令を出す」と報じた。中身は最近ずっと言われてきたことで珍しくないが、爆買い禁止の効果がきちんと表れそうで期待がもてる。  それよりも、この記事の中での中国人ネットユーザの声、「日本での爆買いは禁止すべきで、一番いいのは日本へ行くのを禁止すること…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

誰かこんなホームページを作ってほしい 中国人の来ない…

 春節か何か知らないが、テレビニュースは「外」国人観光客が押し寄せる姿を映し出す。「外」じゃなく、「中」だろう。つまり「中」国人観光客。しかも、どのテレビ局もそれを嬉しそうに報道する!本当に不思議だ。テレビ局は日本人の気持ちがわかっているのだろうか。日本人の誰が喜んでいるというのか。喜んでいるのは売れればいいという卑しい意識の商売人だけ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「何て日だ!」シャープを鴻海(ホンハイ)に身売り?

 シャープが台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に買われそうである。シャープの公式ツイッターは「何て日だ!」とつぶやいたという。内の女房も怒っている。「シャープが中国に乗っ取られていいの?」と。 私はこの状況がよくわからないので、「鴻海(ホンハイ)は台湾の企業だから、中国に乗っ取られる訳じゃないよ」とお茶を濁している。  いつもの宮崎正…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

訪日観光客の更なる拡大って、安倍は日本を壊す気か?

 「安倍晋三首相は9日、訪日観光客のさらなる取り込みに向けた対策などを話し合う「観光ビジョン構想会議」の初会合で、「(年間)2000万人は通過点だ」と語った。2020年に2000万人とする従来目標は前倒し達成が確実な情勢で、目標引き上げへ議論を進める。  安倍首相は「地方」と「消費」をキーワードと位置づけ、「観光は成長の重要なエンジン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久し振りの痛快事 ユネスコの分担金拠出見直しへ

「中国が申請していた「南京大虐殺文書」が記憶遺産への登録が決まったことに対し、日本政府筋は「断固たる措置を取る」と述べ、ユネスコの分担金拠出などの一時凍結を検討する構えを見せている。  2014年度のユネスコ予算の日本の分担率は米国の22%に次ぐ10・83%で、金額は約37億1800万円。米国が支払いを停止しているため、事実上のトップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国「抗日戦争勝利70周年」軍事パレードはすばらしい青空の下で行われたが…

 何だか時代錯誤の軍事パレードにも思えるが、習近平にとっては今一番の大事な儀式であり、大成功に終わったようだ。 日本の左翼連中も皆さん大喜びのことであろう。日本に向けられるかもしれないミサイルや戦車、一糸乱れない軍人の行進を見て感激も極まったのではないか。TBSその他の関係者も「祖国中華人民共和国万歳!」と思わず叫んだことだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の凄まじい権力闘争の行方は?

 習近平。喜怒哀楽を全く示さず、いつも能面のような表情の下にどんな思いを隠しているのだろうか。腐敗撲滅キャンペーンは、習近平の権力闘争の強力な武器として使われており、次々と共産党や政府幹部や軍上層部が摘発されている。 中国では全ての上層部(地方も含めて)が汚職で私腹を肥やしているはずだから、当然習近平も叩けばホコリが出るはずだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

張りぼて国家中国の哀れな末路

 天津と上海、ふたつの「大爆発」で、のたうち回っている中国。余りに無理して背伸びした「つけ」を今払っているところですが、まさに自業自得です。可哀そうなんていう気が全く起こりません。  中国株バブルの崩壊から世界同時株安となっているようですが、中国と抜き差しならぬ関係になっているドイツ、韓国は一緒に奈落に落ちていけばいいし、日本も米…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

かくして中国の発狂的投機の時代は終わりを告げる

「13日の中国株式市場は大幅に続伸して取引を終えた。小型株が上げ相場を主導し、3営業日続伸となった。政府の一連の株価下支え策が奏功し、本格的な市場暴落は回避されたとの楽観的見方が広まった。上海総合指数 の終値は92.5ポイント(2.39%)高の3970」  上海株式が3営業日続伸したってさ。これで取りあえずはバブル崩壊は止まるって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

経済評論家三橋貴明氏による上海株式バブル崩壊の解説です

 三橋氏の解説はどんな経済事象にも分かりやすい解説で、中国バブル崩壊もこれでよくわかります。 上海株式バブル崩壊  「三橋貴明の「新」日本経済新聞」(2015.6.22)より 「…各国の中央銀行が金融緩和を継続拡大し(アメリカ除く)、今、銀行にはおカネがじゃぶじゃぶです。 銀行の貸し出し余力は極端に高まっていますが、実体経済(G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国経済がやっと崩壊するかも!

 中国経済が崩壊すると言われて久しいが、今度こそは本当に崩壊するかもしれない。というより、本当は経済成長率はもうマイナスに陥っているし、バカな投資や資源の無駄使いで経済はガタガタなのに、共産党独裁という政治形態のため、外には誤魔化すことができていただけなのだが、上海株の暴落を見ればバブル崩壊することが誰の目にも明らかになったということだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人の不思議 騙されたり、正しい判断をしたり

 中国のAIIB(アジア・インチキ・イカサマ銀行)への参加について、日本の反日全メディア、マスコミと評論家たちが一斉に「参加せよ」と唱え、麻生財務大臣を日本の恥だと罵倒しても、日本の世論は正しい判断をしている。嬉しいことだけど、本当に不思議だ。  NNNの調査(4月中旬)では、AIIBへ日本の参加反対が45.6%、産経とFNNの合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

論調が全て一緒になるマスコミの不思議

 アジアインフラ投資銀行(AIIB)については、新聞の論調が皆同じで、急がないと乗り遅れるぞと期限を切って孤立感を煽っていますが、これは詐欺師の常套手段で、日本の新聞メディアが如何に中国の影響下にあるかよく分かる例と言えます。  確かに日本のマスコミは事実として「中国の影響下にある」ことがわかりますが、テレビも新聞もこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やぶへびだった与那国住民投票だが、トンデモナイ罠が!

 私は住民投票には否定的である。住民投票は、議会制民主主義を破壊するものだ。左翼は直接民主主義としての住民投票を推し進めているようだが、それは民衆の軽蔑を前提にしている。要するに、民衆、大衆はバカである、プロパガンダでどうにでもなる存在だ、マスコミは左翼で乗っ取っているから、大量宣伝が可能だ、だから選挙よりも、争点を絞って先鋭化して煽動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人観光客、バカ買い、違った「爆買い」の理由は?

 気分が悪いから爆買いニュースは全く見ないので、テレビがどういう扱いをしているか知らないが、中国人は何の為にあんなに大量に買っていくのか。  ネット解説では、日本製品の品質が良いこと、円安で価格が安いことを挙げ、中国が経済成長をして収入が上がり、中間層の人たちも海外旅行できるようになり、買物できる余裕ができたと説明している。また別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more