テーマ:左翼

蓮舫民進党は売れない旅芝居の落ちぶれ旅芸人一座のようなものである

枝葉末節のことでまたもや審議拒否の蓮舫民進党。憲法について、安倍自民党総裁が新聞のインタビューに応じたのが気に入らないという。気に入らないのはいいが、それが憲法審査会の審議拒否の理由にはならんだろう。こういうバカというかアホなことばかり蓮舫民進党はやっているから国民は愛想を尽かすのである。 国民をバカにするのもいい加減にせよ、蓮舫民進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

張りぼて屏風ビル!北朝鮮の芸術的宣伝に騙された。なぜ伝えない日本マスコミは?

連日テレビは北朝鮮の宣伝を流し続けている。世界のマスコミが招待されて、全ていいところしか見せないとわかっているのに、招待されて嬉しいのか、北朝鮮の言うがままの宣伝を垂れ流している。 批判したら、真実を喋ったらすぐ退去させられることをわかっているのだろう。 誰か骨のある記者はいないのか。産経新聞はどう報道しているのだろう。退去させら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実はおバカな古市憲寿はいいことを言っているのだよ。「これ(WBC)8割は見てない訳ですよね。」

古市憲寿がテレビでなんで持てはやされるのかよくわからない。社会学者といっても単なる大学院生で確かな業績があるわけでもなく、下らない本を何冊かだしているだけだ。 師匠がこれまた左翼に有り難がられている上野千鶴子だから、その弟子というだけで箔が付いているのだろう。メッキという箔だろうけど。 まあ、左翼的ヒール発言がテレビ局に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全く理解できない稲田防衛大臣へのいじめ 森友学園騒動関連

私の勉強不足だろうか。森友学園に昔関わったというだけで極悪人かペスト感染者のように扱われるのが全く理解出来ない。12年も前に森友学園関連裁判に出廷していなかったと誤って答弁しただけで、大臣辞任を要求されなければいけないのだろうか。 「産経ニュース」(3.14)より 稲田朋美防衛相は14日午後の衆院本会議で、学校法人「森友学園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民進党野田幹事長「支持率が落ちた理由はわからない」、んな訳ねえだろう!

Yahoo!ニュース編集部が、民進党野田幹事長にインタビューした。 題して「支持率低迷の民進党はどこへ向かうのか 野田佳彦幹事長に聞く」 もう消滅寸前の民進党。一般国民はそれがなぜなのかよく知っている。しかし、当事者はどう認識しているのか。国民の認識と少しは合致するのだろうか。といっても、公的なインタビューに本音を語るわけもない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミが異常だとはわかっていたがこれほどとは、経産省部屋の鍵かけ批判

 最初は何が問題なのかさっぱりわからない報道だった。 (テレ朝ニュース) 「経済産業省は情報管理を名目に、27日からすべての執務室への訪問をシャットアウトする異例の対応を始めました。 経産省は世耕経済産業大臣の指示で、すべての執務室のドアに鍵を掛けて報道機関や訪問者は中に入れないようにしています。これまで経産省は中央省庁で情報発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹の『騎士団長殺し』には「南京大虐殺は絶対にあった!」と書いてあるらしい

久しぶりの村上春樹の小説『騎士団長殺し』に、「南京大虐殺はあった!」と書いてあるようです。それを知って急に読む気が失せましたが、相手が「わかりました、もういいでしょう」と言うまで謝るしかないなんぞと言う村上春樹ですから、さもありなんという感じです。  あるツイッターがそのことを指摘し、有田・ゴキブリ・ヨシフが嬉しそうにリツイート…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

左翼の大御所上野千鶴子が移民問題で正論を吐いてくれたが、左翼は大混乱!

上野千鶴子といえば口の悪いフェミニズムおばさんとして有名だが、昔は女栗本慎一郎と呼ばれ一時はまともな時もあった。「セクシィ・ギャルの大研究」や「「私」探しゲーム―欲望私民社会論」などは新鮮でとても面白かった。どこから道を踏み外したのか知らないが、いつの間にか嫌な左翼婆に成り下がっていた。  今回、東京新聞2/11付け「考える広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新語・流行語大賞飽きた、流行語大賞死ね!

ここ数年ドンドン世間とずれていく新語・流行語大賞。左翼の政治屋に乗っ取られてから政権批判のプロパガンダ装置に成り果てた新語・流行語大賞。もうみんな気がついているのにねえ。  去年は鳥越俊太郎が委員長で「アベ政治を許さない」を入れたいだけの最低だったが、都知事選に出たおかげで、委員長からはずれたのはよかったがどっこい左翼は負けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女装東大教授安冨歩が沖縄左翼を褒める「相手を挑発」した暴力的言動の実例

女装東大教授安冨歩が「非暴力の闘争で最も大事なのは、どうすればこちらが暴力を使わずに、相手を挑発して暴力を使わせるか、ということ。今回、この線から近づくなと言う警察に対し、抗議する人々が金網を利用して挑発し、日本警察の本質を露呈させた。」と礼讃した「相手を挑発」した暴力的言動の実例が沖縄県議会で紹介された。 自民党沖縄県議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女装東大教授安冨歩の沖縄左翼擁護はテロリストの論理なり!

 10年ほど前の「生きるための経済学」や「ハラスメントは連鎖する」を書いていた安冨歩はなかなか良かった。「もう「東大話法」にはだまされない」はひどかった。最近は女装東大教授として売り出している安冨歩、何だかドンドンダメになっていっているが、今回の沖縄左翼活動家擁護発言に至っては遂に落ちるところまで落ちたかの感が強い。  26日の琉球新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄無罪!無法地区沖縄は誰が作ったか!

 「土人」発言自体は差別発言で問題かもしれないが、言った人間は総理大臣でも政治家でも高級官僚でもない、毎日罵声を浴びせられ挑発させられていた若い機動隊員の失言だ。しかも裏に何か意図があるというものでもない。あらゆる犯罪でも情状酌量の余地があるように、この失言も一定の謝罪で収めて当然のことだろう。 ブログ「農と島のありんくりん」より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告発者は告発されない、ってか?

「他人の罪をあばく者は、最初から意図していたかどうかにかかわらず、自らをいかなる告発の攻撃からも身を守ることのできる死角に置くのである。まるで告発するという行為自体がそのまま無罪を証明するかのように。 (したがってフルシチョフは、スターリンを弾劾することによって、自分は無罪であることを証明したかったかのようである)」 (「フルシチョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本もアメリカ並みの銃暴力社会に!各世帯にせめてピストル一丁の配給を、丸山眞男が提案!

 4人も拳銃を向けて発砲し、一人を撃ち殺すなんてアクション映画を地で行く事件が和歌山で起きたが、立てこもったアパートから姿を出しているところを見ると、二丁も拳銃を持って弄んでいる。人質がいるわけでもないのに溝畑容疑者は堂々と警察の前で姿を晒している。4人も撃った後だというのに、溝畑は身の危険つまり警察から狙撃される心配をしないのだろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥越俊太郎は石田純一レベル並みの痴呆だなあ

 鳥越俊太郎が野党統一候補になったようだが、石田純一とそう変わらないじゃないの。鳥越もタレント候補としての出馬。都知事としての政策なんて何の関心もなく、憲法改正反対を東京からなんていうのは石田純一レベルの頭の悪さ。がん検診100%実施が公約だなんて、ビックリしつつ笑ってしまった。頭が悪すぎる。それに乗った民進党も共産党もアホというしかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ局に巣食う反日工作員たちの確信犯的所業の数々

 フジやTBSにこっそり紛れ込んで活動している反日工作員たちがいるようだ。「こっそり」なんてものでなく、「堂々と」かもしれないが。テレビ局全体が、その中の幹部が、プロデューサーが反日活動をしているなら、実働部隊の工作員は何をしても許される。見つかっても、いや見つからないと効果があがったとえないのだから、視聴者がよくわかるように反日の仕掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便所紙以下の朝日新聞  「だまってトイレをつまらせろ」ってどういうこと?

ジャーナリスト古森義久氏がアメリカ版朝日新聞の記事を以下のように報じている。書き手は朝日の政治部次長高橋純子記者だそうで、ネットをみるとこの御仁昔からトンデモ記事を連発している記者らしいが、今回は特別すごいというかわけわからんコラムで昨今の朝日新聞を象徴しているようだ。  最初に古森義久氏のコラム評を紹介し、最後に私のコメント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄左翼の「反戦・反基地無罪」は、本土の似非知識人が支えている!

 昨日(30日)早朝、名護市の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、基地移転に反対する活動家らが基地内に工事車両が入るのを止めようと工事車両入り口にコンクリートブロック約1400個を積んで車両進入を妨害したようです。機動隊が撤去したとのことですが、工事妨害行為はドンドンエスカレートしていくようです。  コンクリートブロック1400個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄左翼と野々村元県議の思考構造は同じなんである!

 政務活動費詐取の疑いで野々村元県議の初公判が今日あった。ワイドショーではあの号泣記者会見を何度も流してくれて、「ああ素人なのに芸人の何倍も楽しませてくれたなあ」と感慨を催したのですが、みんな激しい号泣に気を取られてしまっているが、この会見の中で野々村元県議は、とってもいいことを言っている部分があるのです。  話は変わりますが、翁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翁長知事と志村候補が戸別訪問、公選法違反の告発。警察は見て見ぬ振りをするのか?

明日は宜野湾市長選。自民・公明推薦の現職佐喜真市長と、翁長知事が推す志村恵一郎氏の争いです。 佐喜真氏は「普天間基地の撤去」そのものをストレートに訴えていますが、志村氏は辺野古新基地に反対と普天間基地を県と一緒になって運用停止させることが主張のようです。名護市長選でもないのに辺野古新基地に反対とわけのわからないことをいい、かつ普天間…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ドイツでは「難民は「絶対善」」だって?大乱の2016年が始まる!

 年初から世界は大揺れだ。氷河期が突然襲ってきたような。ヨーロッパも中東も中国もそして北朝鮮も。  いや、北朝鮮だけはフエイクのようだ。安村じゃないが、「安心して下さい。水爆じゃないですから」のようだと「農と島のありんくりん」氏は推測している。じゃ何かって? 「…さすがに偉大な指導者同志におかれましては、人体に有害な放射能類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「報ステ」古館後任、私の予測

「報ステ」古館の後任を予測してみよう。  現実的本命はテレ朝アナでスーパーJチャンネルの渡辺宜嗣。問題は年齢。古館と同期で61歳。ちょっと新鮮味に欠けるが、安定感はある。コスト節減にもなるし。  やはりテレ朝だから、もう少し左翼感を出したい。それなら、NHKの大越健介がぴったし。NHKのニュースウオッチ9を無理やり降ろされ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

年末に古館・報ステ降板のビッグニュース、まさにサンタのビッグな贈り物!

 やっと、やっとあの薄気味悪いアホ声とデカ顔が報ステから消える。待ちに待った瞬間だ。これで日本も少しはよくなるだろう。来年3月とはいわず、1月から消えてほしいものだ。  降板を自分から申し出たというが、信じられないな。自民党の圧力からテレ朝も若干の路線変更を考えていて、それに協力せよとテレ朝は古館に伝えたのだと推測する。それに反発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦別姓を擁護したイノッチの発言は果たして正論なのか?

 昨日に引き続き、夫婦別姓問題について。 少し前にこんな報道があった。 「「夫婦別姓では家族の一体感が失われる」として強固に反対している反対派の主張に対し、あの“イノッチ”井ノ原快彦が『あさイチ』(NHK)で鮮やかに切り返した。 「まあ、姓が同じでも、一体感がないときもあるからねえ」 「他人同士でも一体感は生まれるから」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦別姓をもっと極端に主張したらどうなの?

 チャンネル桜の馬渕睦夫氏の言葉からヒントを得たが、夫婦別姓主張者が姓の自由選択を望んでいるのなら、彼ら左翼たちはなぜもっと主張を先鋭化して、姓自体の自由選択を主張しないのか。  なぜなら、妻の姓自体も過去からの強制であった、自ら選んだものではないのだ。そうなら名前を付けるのが自由なように「姓」も自由に付けさせよ、と主張したらどうか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年はいつになく素晴らしい流行語大賞だったね!

 「爆買い」「トリプルスリー」が大賞を取ったとのことだが、前者はバカ中国人のために日本人が迷惑を受けたことを表しているだけだし、後者は誰もそんな言葉は聞いたこともないという代物だった。本当は「SEALDs」「戦争法案」「自民党、感じ悪いよね」などのどれかを大賞にしたかったのだろうが、さすがにやり過ぎかと考えて、「アベ政治を許さない」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古舘の勇気あるテロ擁護発言は、ぜひともパリでフランス人の前で行ってほしい!

16日の「報道ステーション」の古舘伊知郎がとっても勇気ある発言をしたらしい。パリでのテロを擁護して、次のような発言をしたとのこと。 「本当にこの残忍なテロで、許すまじきテロを行った。これは、とんでもないことは当然ですけども、一方でですね、有志連合のアメリカの、ロシアの、あるいは、ヨーロッパの一部の、フランスも含まれますが、誤爆…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

翁長は知事としてまともな仕事はしていない!仲井真前知事が語る

 仲井真前知事は、これまで公的なインタビューを拒否してきたようですが、ようやく語り始めたようです。仲井真氏は、ニッポン放送のラジオ番組「ザ・ボイス そこまで言うか!」に出演し、評論家青山繁晴氏らの質問に答えたとのこと。また産経新聞のインタビューにも。今日の「農と島のありんくりん」に詳しく書かれています。ラジオ番組を少し引用します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翁長琉球国王に反撃!辺野古取り消しは普天間住民の生存権侵害と知事を提訴

 沖縄は一本ではない。まともな沖縄県人もたくさんいる。今一番声を上げなくてはいけないのは、普天間飛行場がある宜野湾市民なのだ。その住民が翁長知事を相手に提訴した。 「(読売新聞)2015年10月20日 辺野古取り消し「生存権脅かす」、宜野湾市民ら知事提訴へ  沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、翁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷川三千子先生にもっと学ぼう 民主主義も憲法も

 SEALDsなんていうのは昔の学生運動からみれば、レベルが余りにも低過ぎて話にならないのだが、こうも持てはやされるのは、時代のなせるわざか。つまりは時代自体が劣化の一途をたどっている証(あかし)なのだろう。 それは、最近のクイズ番組のクイズの質が余りにも低すぎるのに、それを東大卒の芸人が得意げに答えているのに似ている。視聴者のレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more