嘘をつけば誰も信用しなくなり、あらぬ疑いも?北海道男児置き去り事件

 北海道男児置き去り事件では、5日目となっても見つかりそうもない。可愛らしい顔の小学2年生が行方不明となったが、父親の嘘が謎を呼び、ネットではある疑惑がおおっぴらとなっている。無責任なネットであることは確かだが、その原因は父親の嘘にある。

 東スポが以下のように報じている。
地元住人も警察関係者も首をかしげている!? 
北海道南部・七飯町で小学2年生田野岡大和くん(7)が“しつけ”のため置き去りにされた5分の間に行方不明となって、1日で5日目を迎えた。
前日の5月31日には、両親からの要望で大和くんを降ろした車の進行方向とは異なる、北西に広がる駒ケ岳の裾野にも範囲を広げ捜索したが、遺留品などの手がかりは見つからなかった。代わりに出てきたのは新たなナゾだった――。
31日は悪天候のため、夕刻で打ち切られた捜索活動。道警は1日、約120人態勢で再開した。七飯町は北海道を通じて陸上自衛隊にも支援を求めた。
大和くんの置き去り現場に続く林道は、普通車2台がやっと行き交えるほどの道幅で、両脇には原生林がうっそうと茂り、地面に影を落とす。 置き去りにしたとされる午後5時から1時間もたてば辺りは外灯一つなく真っ暗で、野生のキツネの姿も。当然ながら防犯カメラ映像などの客観証拠はなく、家族の記憶だけが大和くんの行方を知る手がかりだ。
31日はもともと行方不明になった“現場”から約15キロ四方に範囲を広げ捜索する予定だったが、30日夜に両親からの「山の上の方を重点的に捜してほしい」という要請を受けて、警察や消防など115人態勢で砂防ダム沿いの林道などを捜索した。だが、遺留品や足跡は発見できなかった。
(中略)
両親は当初、山菜採りの途中ではぐれたと説明したが、車に山菜が一つもないことを指摘されると「人や車に石を投げつけたのでしつけのために車から降ろした。5分後に戻った時には姿がなかった」と発言を変えている。着ていた衣服も「Tシャツにジーパン」が途中から「紺色のジャージー」に変わった。(後略)」

 その他長女の発言と父親の行動が食い違い、情報を小出しにしているようで不思議だ。しかも、30日夜に両親からの「山の上の方を重点的に捜してほしい」という要請を受けて、自衛隊も出動することになったという。親の心配から思い余っての要請のようにも見えるが、普通に考えれば小学2年生の子供だからそうそう遠くへは行けないし、夕方から夜にかけてわざわざ自分から藪の中へ入って山の方向へ行ったかもしれないと想像するのがおかしい。
「藪の中へ入って」迷子になったかも?あり得ない。置き去りにされたのであって、親元を逃げてきたわけではない。父親が言う通りなら、道路上に置き去りにされたのだから、道路を伝って歩くことしか考えられない。藪の中へ入っていくことはあり得ない。
 
なら、なぜ「山の上の方を重点的に捜してほしい」と要請したのか。私の推測は置き去りにした近隣を詳しく探してほしくない理由があるから、わざわざ遠いところを調べてほしいと頼んだのではないか。

 置き去りにしてから5分後に戻ったが、もういなかったということは、そう遠くに行っていないはずだ。一番怪しいのは、父親が長女に「大和と一緒に山菜を取りに行く」と告げて、そう長い時間でなく車に帰ってきたことだ。この時間に父親がしたことが一番怪しいのだ。

 警察も消防も自衛隊も探すべきは、行方不明になった足元のせいぜい500メートル四方を徹底的に探すことだ

いや、その前に父親に警察は、まだすべてを話していませんね。ウソや作り話をせずに本当のことを全部話させることが一番先にやるべきだろう。また、母親にもきちんと聞くべきだ。母親の声が全く聞こえてこない。

車を運転していたのは母親らしい。父親は運転免許を持っていないらしい。
となると、公園からの帰り道わざわざ広い道路から外れて、山の方へ車を走らせたのは夫の指示があったからだ。そのとき、既に息子と山菜を取りに行くと告げたのか
もう夕方近くになっているのに、山菜を取りに行く必然性があったのだろうか。

そもそも山菜を過去にこの場所で取ったことがあったのか。もしなかったとすれば、山菜を取りにいくので、回り道をしよう、と妻に指示したのはあまりに唐突なのだ。長女は素直に父親が弟を連れて山菜を取りに言ったことを信じている。
ということは、お仕置きをして、行方不明になったあと、世間体を考えて、警察に山菜を取りに行ったらはぐれてしまったという供述は矛盾することになる。
つまり、「山菜を取りに行ったらはぐれた」と後から思いついたようなことをいっているが、そうではなく、置き去りにする(又は何か別のことをする)ために、最初から「山菜を取りに行く」という理由を考えていたことになる。

だから、長女はそれを素直に信じてインタビューに答えていたのだ。母親も「山菜を取りに行く」という理由で山の道に入ったことを長女と一緒に聞いているはずだ。そのときに夫の言い方に違和感を覚えなかったのかどうか、不思議だ。母親つまり妻も何らかの事情を知っているのではないのか。

そして、ネットにも書かれているように真実を知っていて、話ができるのは長女だけなので、長女から詳しく当時の状況を聞くべきだろう。

また、虐待があったのかどうかももっと子供の関係の多くの人物からヒヤリングをすべきだろう。

 このまま見つからないで捜索終了の可能性も大いにありうる。謎が深まるこの事件。警察ももっと別の角度から慎重に調べたほうが良い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック