中国人ネットユーザに賛意を表する!中国政府がついに爆買い禁止令を出す! 

(毎度同じような中身で済みません。)
 レコードチャイナが「中国政府がついに爆買い禁止令を出す」と報じた。中身は最近ずっと言われてきたことで珍しくないが、爆買い禁止の効果がきちんと表れそうで期待がもてる。

 それよりも、この記事の中での中国人ネットユーザの声、「日本での爆買いは禁止すべきで、一番いいのは日本へ行くのを禁止すること」などにはもろ手を挙げて賛成したい。このように中国民衆と意見が一致するのは稀有のことではないか。

「レコードチャイナ」より
「2016年2月16日、中国メディア・今日頭条は、中国政府が爆買い禁止令を出すのではないかとの日本メディア報道に、日本の小売業は恐れおののいていると伝えた。
 記事によると、早ければ今年3月の全人代で、海外でのショッピングに年間10万元(約180万円)の上限利用額を設ける法令が制定されるかもしれないと日本メディアが伝えた。そして、中国人による爆買いは「日本経済けん引の主力」であるため、日本の小売業は震え上がっていると論じた。
 しかし、李克強首相は昨年11月に、国民の海外ショッピングを制限することはできず、消費者に選択の自由を与えるべきと述べており、爆買い禁止令の真実性には疑問もあるとも伝えている。
 これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
「こういう政策ならもろ手を挙げて支持する」
「日本で落としたお金を日本は爆弾製造に使う。爆買い禁止令は大賛成だ!」
「爆買い禁止令は絶対賛成!特に日本での爆買いは禁止すべきで、一番いいのは日本へ行くのを禁止すること」
「俺はもっと早く制限する法律を制定すべきだったと思う」
「外国で買ってきたものには500%の関税をかけるべき」
(引用終り)

 李克強首相も「消費者に選択の自由を与えるべき」などと余計な事を言ってほしくないね。「自由」なんて言葉が中国共産党のトップの口から出てくるのは笑止千万なり、ではないのか。


この記事へのコメント

管理人
2016年02月26日 20:45
関岡英之氏による(チャンネル桜より)と、中国人の日本での爆買いを推し進めたのは、菅官房長官だとのこと。中国人の日本へのビザの渡航条件を大幅緩和したのは民主党政権時代のことだが、自民党政権になって、それが制限されると思いきや、更に緩和し、中国人なら誰でも長期滞在が可能にした、それを推進したのは菅官房長官で、本人自身が得意げに話しているとのこと。景気押し上げと移民政策推進のためだそうだが、だから、マスコミはあのように馬鹿げた爆買いキャンペーンを張ったのだとのこと。
 菅官房長官の歴史認識や中国認識を聞いたことがないが、そういうひどい考えの持ち主であるとは知らなかった。最近の自民党が信用できないのはこういうところに表れているのだ。民主党だけ笑っている場合じゃない。

この記事へのトラックバック