ネコ虎紳士の徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「週刊新潮」も焼きが回ったのか?「日本列島が蒼ざめる「最悪シナリオ」2016」の勘違い!

<<   作成日時 : 2015/12/26 21:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 退職後は図書館通いぐらいしか趣味がなくなったので、年末の今日も〇〇中央図書館に言った。今日は運よく最新の新潮と文春週刊誌を読むことができた。この週刊誌2誌は老人にとっては人気の週刊誌で引っ張りだこで、読めないことがよくある。今日はラッキー!

 目が行ったのは、「週刊新潮」最新号の「日本列島が蒼ざめる「最悪シナリオ」2016」の特集だ。いくつもあるなかで、最初の三つにはかなりの違和感を覚えた。

・爆買い中国人が街角から一斉に消える
・沖縄で独立運動が燃えさかる
・TPPからアメリカが突如の離脱

 この表題の如くなると、「最悪シナリオ」で日本列島が蒼ざめるらしい。バカ言ってんじゃないよ、新潮編集部!蒼ざめるどころが喜ばしいシナリオじゃないか。

まずは「爆買い中国人が街角から一斉に消える」から。
新潮は、爆買い中国人が消えたら、日本の景気が落ち込むと言いたいらしいが、爆買い中国人のお蔭で安倍政権は正しい経済認識ができずに、景気が上向いているとか何とか言って誤魔化しているのではないか。中国人の爆買い需要は「フェイク需要」であり、こんなものに頼るほど日本経済は脆弱じゃない。単にアベノミクスの失敗を誤魔化すためだけの煙幕に過ぎない。
一部の業界は儲かっているかもしれないが、こんな中国人の需要を恒常的に期待しての経営をする企業は大ばか者といっていいだろう。まともな経営者ならこんな泡というか汚らしい湯垢のようなものを当てにした商売なぞ決してしないだろう。

 しかも、爆買い中国人がホテルを占領し、日本の街角を汚し、いいことなんぞ一つもない。来年は「爆買い中国人が街角から一斉に消える」なら、こんな嬉しいニュースはない。フェイク需要が消滅すれば、真の日本の景気動向がわかるので、安倍政権も誤魔化しが効かなくなり、もしかしたら消費税増税は延期されるかもしれない。それは日本国民にとって好ましいことだ。ぜひ新潮編集部の予測が当たってほしいものだ。

 次は「沖縄で独立運動が燃えさかる」だ。
これが何で「日本列島が蒼ざめる「最悪シナリオ」になるのかさっぱりわからん。
沖縄で独立運動が燃えさかったら、沖縄の左翼のバカさ加減について、本土もようやく知ることになるだろう。みんな一様に言うだろうね。「独立したければ、すれば?」とね。
スコットランド独立運動にはその経済基盤もしっかりしているから、その独立に現実味があるが、沖縄独立してやっていけるのかね。半人前の経済で、補助金や米軍基地経済が沖縄を支えているのは沖縄県人が一番良く知っているはずだ。

 いや、独立して、中国の属国になるだって?「どうぞ、ご自由に」だ。中国の属国になって、今より政治的、経済的に良くなるとでも思っているのだろうか。
 沖縄独立運動をやっている左翼自体が沖縄が独立できないことはよく知っているはず。つまり、本土に対する脅しとして、いつものように弱者の脅迫として、甘えとして言っているだけだろう。
 昔、非武装中立論者に、「ある国が侵略して来たらどうするのか」と責められて、「米軍に助けてもらう」という本音を言っていたが、笑い話のようだが、沖縄独立運動もそんなようなものだ。
 そうでなくても、最近の本土から沖縄を見る目は厳しくなっている。沖縄独立運動が本格的に県民の動きに拡大していったら、補助金なんぞやるな、の大合唱になるだろう。それはそれで日本にとって好ましいことだ。こんなことでは日本列島は全く蒼ざめないぜ。

 最後に「TPPからアメリカが突如の離脱」が「日本列島が蒼ざめる「最悪シナリオ」だって?
 笑わせてくれるねえ。これこそ真逆で「日本列島が大喜びの「最善シナリオ」になるだろう。

TPPは誰のためのものか。当然アメリカのためじゃないか。日本を丸ごと生贄としてアメリカに捧げる制度ではないか。だから、日本政府が何の根拠もなく、TPPで14兆円もの効果があるという試算を出した。つまり、TPPでの経済効果なんぞほとんどないということが政府も分かっているから、デタラメモな試算により、TPP反対の口封じをしようとしているのではないか。
 アメリカ共和党はTPPに反対しているらしいが、共和党こそTPPのことがわかっていない。一部の業界にとって譲歩が過ぎるといっているようだが、アメリカ全体にとっては有り余るほどの効果をもたらすもの。共和党ももう少しで理解を示すに違いない。もし、共和党が頑張って、TPP批准を拒否してくれて、TPPが執行されないことになったなら、これまた、日本列島が大喜びの「最善シナリオ」になること請け合いだ。

 ことほど左様に今回の新潮編集部は、日本の見方がいい加減というかズレているというか、週刊誌記者の劣化が始まっていると言わざるをえない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「週刊新潮」も焼きが回ったのか?「日本列島が蒼ざめる「最悪シナリオ」2016」の勘違い! ネコ虎紳士の徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる