ネコ虎紳士の徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回都議選は明らかに都民における「愚民対賢民」の対決じゃないのか?

<<   作成日時 : 2017/06/25 21:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 産経ニュースで「小池都政信任か否か 自民VS都民の対決新構図」という見出しで記事が出ていた。産経としては全く当を得ていない見出しじゃないか。
「自民VS都民」では、自民か悪で都民つまり都民ファーストの会が善といっているようなもので、全くナンセンスな印象操作そのものだ。
「自民VS都民ファースト」の間違いじゃないのか。恐らく都民ファーストの会を「都民」と省略したのだろうが、ミスリードだ。そもそも自民を選んだら都民じゃないとでもいうのか。東京新聞や毎日・朝日ならいざ知らず、産経ともあろう新聞がアホなことを書いてどうするのか。


 今回の都議選は毎回マスコミを味方につけたポピュラリスト候補者に踊らされる選挙で有権者は、今度も「愚民」として行動するのか、あるいはやっと目覚めて「賢民」(こんな言葉はないが、愚民との対の言葉として造語してみた。賢い民という意味。)として行動するのかが問われているのだ。

 つまりは都民ファーストの会が過半数を占めればヒトラーと同じように小池に全権を委任したことになるのだ。都民の圧倒的な支持を得たとして、無責任な破壊的などうでもいい且つムダ使い政策を全て許すことになるのだ。

つまり、NMB48の須藤凜々花が結婚宣言をして、ファンから裏切者呼ばわりされても、AKB総選挙に「大金注ぎ込むのは自己責任」などと須藤凜々花が発言しているように、小池も無責任を追及されたら、NMB48の須藤凜々花のように開き直って、「選挙で小池を支持したのは自己責任」と言われれば愚民たる都民はグウの音も出ないし出せないのだ。

 しかし、須藤凜々花の「大金注ぎ込むのは自己責任」という開き直りに対し、ネットは健全な反応をしている。
曰く「詐欺師の言い分と同じじゃん」「ペテン師と発言が一緒」と。小池も今後そう言いそうなのだが、ネットで須藤と小池の同型性を次のようにはっきり指摘していた。

「頭悪過ぎて目まいがするわ。
言ってる内容は正しいがコイツがそれを発言するのは絶望的にOUT。
計画倒産働いた人間が「投資に対する知識が乏しかった」って批判するようなもの。
不祥事、疑惑を追及されて引責辞職する政治家が
「選んだ有権者にも非がある。お粗末、今回の事態は政治無関心な愚民が生み出した悲劇とも言える」
と発言するとかね。これを単に正論とか言ってる奴も心底頭わりーわ。」

こういうことを私が言うのは、小池の都民ファーストの会が勝利するのを予測してのことだ。
世論調査も接戦ではあるが、都民ファーストの会をトップに挙げている。これで都民の愚民さ加減がわかろうというものだ。
都民ファーストの会はどこの馬の骨かわからない素人衆が大挙立候補している。つまり自民党の魔の2回生と同じような品質不良の議員が大幅に生まれようとしているのだ。小池が独裁するだろうことは当然のことだ。
本当にこんな事態をおときた俊は求めていたのだろうか。おときたには少しは期待していたのだが。今後は全く出る幕はなくなり、小池の尻拭いで奔走するしかなくなるだろう。

 小池は都民に絶大なる期待している。つまり、都民の大多数は愚民であると。愚民でなければ小池は絶対に勝てないのだから。
 ここに本当の民主主義、真実の民主主義が表れる。つまり独裁への道は愚民たる有権者が民主主義を通して敷き詰めるということを。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今回都議選は明らかに都民における「愚民対賢民」の対決じゃないのか? ネコ虎紳士の徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる