ネコ虎紳士の徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄無罪!無法地区沖縄は誰が作ったか!

<<   作成日時 : 2016/10/23 21:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 「土人」発言自体は差別発言で問題かもしれないが、言った人間は総理大臣でも政治家でも高級官僚でもない、毎日罵声を浴びせられ挑発させられていた若い機動隊員の失言だ。しかも裏に何か意図があるというものでもない。あらゆる犯罪でも情状酌量の余地があるように、この失言も一定の謝罪で収めて当然のことだろう。

ブログ「農と島のありんくりん」より。
「…高江で公務に就く警官に対して、汚らしい罵声を浴びせるのは日常茶飯事だといいます。現場では、米国の犬。辞めちまえ。このゴミ!」などという言葉が警官に浴びせられています。あたりまえですが、警官にも人権があります。反対派「市民」が警官に対してなにを言ってもよく、公務員はいかんというのもいかがなものかと思います。毎日、このような罵声に耐えて黙々と職務をこなしていれば、こういうことが起きるべくして起きるのです。」(2016.10.20)

 それが沖縄県議会では機動隊撤退要求決議をするという。大阪府警も含め全国の機動隊は好き好んで沖縄に来ている訳ではない。沖縄県警の機動隊がこの地区に張り付いてしまうと本来の警察業務に支障がでるからと全国に応援を頼んだのは沖縄県警ではないか。いうなれば翁長沖縄県知事の要請といえるのではないか。

 沖縄左翼は元やくざの添田が逮捕され且つ活動家リーダーの山城までが逮捕、再逮捕と今劣勢にあるから、何か取っ掛かりを得ようと今までにない挑発を機動隊に繰り返し、やっと得られた待望の「土人」発言というのが本当のところだろう。

 余りの左翼活動家の無法、デタラメに本土も少しずつ気がつき始めた。松井大阪府知事の擁護発言を受けて、辛坊治郎キャスターや弁護士たちが沖縄の無法を非難し始めている


 ブログ「農と島のありんくりん」がその無法さを次のように紹介している。(2016.10.21)
「上の写真(略)は道路封鎖すること止めた後に、路側両側に大量に車両を放置し、反対派が道路上を占拠しています。
次の写真(略)は、反対派が道路を塞いで、車両の下に潜り込んでいます。
3枚目の写真(略)は、反対派の「検問」です。彼らは、勝手に公道上で車両を止め、「お前は通ってよし」「お前は帰れ」ということをしていました。裏道までびっしりと違法駐車をしています。住民の要請もまったく無視されました。
そして高江の村の中でも、容認派とみると通行を妨害して通しません。もはや村全体が反対派の実効支配に置かれてしまいました。
そして基地内に進入しようとしては逮捕されます。逮捕されれば、仲間たちが大挙して名護警察署におしかけて奪還を計ろうとします。
そしてとうとう元暴力団員の「しばき隊」添田を高江に入れて、重傷者をだすまで暴れさせてしまいました。添田は逮捕。これを仲介したのは、社民党の福島瑞穂前党首です。」

 なぜ沖縄左翼こうも激しく行動するのでしょうか。一つには、「沖縄無罪」という発想です。中国文化大革命の革命無罪や中国・韓国の反日無罪と一緒です。何をやっても許されるという考え方です。
 ブログ「農と島のありんくりん」のコメント欄に寄せた左翼シンパのコメントが如実にその考え方を著しています。
機動隊に対する暴言や暴力を叩いているけれども、それじゃあ国の沖縄に対する破壊活動はなぜ批判しない? 沖縄では、今も沖縄の海と森を守る為の闘いが続いています。 安倍政権の魔の手から沖縄を救うには、ある程度の違法行為は容認されるべきです。あんな極悪非道なことをされているのですから、手段など選んでいる場合ではありません。しかも、敵は堂々と憲法違反を犯しているわけで(笑)威力業務妨害や傷害罪など、ちっぽけなものです。」(投稿:ネトウヨハンター)

 この最後の言葉「威力業務妨害や傷害罪など、ちっぽけなものです。」は、沖縄無罪の表明といえるでしょう。敵は堂々と憲法違反を犯しているわけだから何をやってもいいんだと、勝手な理屈ですね。

 なぜ沖縄無罪なのか。彼らが勝手に沖縄無罪を騒いでも法治国家日本では法を犯せば取り締まられるはずです。でも高江地区では無法がはびこり、何をしても許されるのです。勝手に公道上で車両を止め、検問をし、通行を妨害しても何らお咎めはないのです。つまり沖縄では日本の法律が適用されていないのですね。だから沖縄無罪であり、「威力業務妨害や傷害罪など、ちっぽけなものです。」と平気で言えるのです。

 これは沖縄左翼が悪いのではありません。政府、地方自治体が正しく法を執行しないのが悪いのです。マスコミの批判を恐れて、当然の違法行為処罰をしない沖縄の警察及び日本政府が悪いのです
 土人発言で勢いを得て、益々活動家の無法がはびこることでしょう。劣勢を挽回できたと意気揚々としている活動家が目に見えるようです。

 こんな状況を解決するのは簡単なことではないでしょうか。違法は取り締まるという固い決意でビシビシ取り締まればいいのです。マスコミが何と言おうと違法状態をそのままにしておくのは無責任というものです。そんな簡単なことができないなら、沖縄は中国に呉れてやればいいと本気で思います。

 日本で無くなっているのなら、アメリカにも引き取ってもらい、沖縄に独立してもらえばいいのです。沖縄社会主義人民共和国として独立すればいい。

 私たちのできること、沖縄無罪に対抗できることは、沖縄ボイコットだけです。沖縄の産品は買わない、沖縄には行かない。これだけです。抗沖運動をするしかないでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄無罪!無法地区沖縄は誰が作ったか! ネコ虎紳士の徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる