ネコ虎紳士の徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳科学者茂木健一郎の脳が腐ってしまった!いや左翼感染症?

<<   作成日時 : 2015/09/05 22:43   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

 アハ!の脳科学者茂木健一郎の脳が腐ってしまったようだ。
アハ!ではなく、アホ!!


 安保法案反対での国会前アジ演説なのだが、「真っ暗な夜空を見上げて「清志郎さん、見てますか!」と呼びかけたあと、安保法案をテーマにしたオリジナルの「歌」を熱唱したのだ。「安保法案、くさった法律〜/安保法案、だめな法案〜/なんでもかんでも強行裁決さ〜」…」(弁護士ドットコムニュースより)

 YouTubeで見たが、がなりたてているだけで、何を歌ってるのかさっぱりわからない。「安保法案」というところだけはよく聞こえたが。
 そこでネットで茂木が何を叫んでいたか調べると…。

安保法案、腐った法律 安保法案、ダメな法案 何でもかんでも強行採決さー
 安保法案、腐った法律 安保法案、アメリカの言いなり 絶対廃案、安保法案
 安保法案、こそこそすんじゃねえ 安保法案、
いい加減に諦めろ  くだらねえ法律、安保法案
 ええい、ざまあみろ
 何が、『憲法違反かどうかわからない』って?『学者が憲法違反だと決められない』って?
 じゃあ誰が決めるんだ?最高裁の元長官も『憲法違反だ』って言ってるぞ?
 君たちよりも、よっぽど、そっちのほうが信用できるんじゃねえのかよ?
 くだらねえ法律、安保法案
 ざまあみやがれー
 安保・反対、人間・賛成!
安保・反対、自由・賛成!
安保・反対、SEALDs・賛成!
 安保・反対、平和・賛成!
安保・反対、民主主義・賛成!」

 なんだこの程度のことか、中学生の文化祭レベルじゃないか。
最高裁の元長官も『憲法違反だ』って言ってるぞ?君たちよりも、よっぽど、そっちのほうが信用できるんじゃねえのかよ?」
 アホ丸出し!学者のいうことかね。真理は権威が決めるんだ、本当に正しいかどうかなんかじゃないぞ、信用できそうな権威のあるものが言うことが真理なんだ、っていってるぜ。
茂木さんよ、あんたの脳科学の学説を(どんなもの研究してるかしらんけど)、脳科学学会の会長が否定したら、あんたは何というつもりだい?学会の会長が言っているだから、私の学説は間違っているんでしょうね。すみませんでした。とでもいうのかい。

「ええい、ざまあみろ」って何のこったい?
「安保・反対、人間・賛成!」って、「安保・反対」はわかるが、「人間・賛成!」って何のこったい?
「安保・反対、民主主義・賛成!」って、「民主主義・賛成!」って何のこったい?
安倍首相は民主主義の下で国民が選挙した議員から選ばれて総理大臣になったんだぜ。「民主主義・賛成!」なら、安倍首相にも賛成しろよ。

「腐った法律」を繰り返しているが、腐っているのは、茂木、おめえの脳味噌じゃねえの? 

 最後にいつも引用する岩田温氏のブログ「岩田温の備忘録」から。

自称リベラルたちの暴走が止まらない。政治はときに狂気をもたらすが、この人も何かにとりつかれてしまったようにしか思えない。脳科学者の茂木健一郎氏である。

 安保法案に反対するのは自由なのだが、反対の仕方が常軌を逸しているようにしか思えないのだ。安保法案反対の歌なるものを歌っているのだが、申し訳ないが、「変なおじさん」が絶叫しているようにしかみえない。本気で安保法案に反対しているようにすら思われない。
脳科学者の脳に何が起こっているのか、ちょっと心配になるが、本人は楽しんでいるのだろうか?

 最後に「安保法案、バルス」と言っているのは、『天空の城ラピュタ』の台詞の引用だろうが、私がこの動画を観たときに思い出したのは、『機動戦士ガンダム』のギレンの台詞だった。
「あえて言おう、カスであると」
 安保法案は我が国の安全保障の根幹にかかわる重要な法案だ。反対なら反対で構わないのだが、もう少し、冷静で建設的な議論を望みたいものだ。」
(引用終り)

「脳科学者の脳に何が起こっているのか、ちょっと心配になる」とのことだが、当然「脳科学者の脳に何かが起こっている」のである。
 全く心配は要らない。ちょっと旧型左翼ウィルスに感染しただけだから、症状は劇症だけれど。その割にすぐに症状は元に戻るが、心配なのは、一度感染すると潜伏期間が長期に渡り、完治する見込みはなさそうなことである。でも治らないことはない。日本のテレビと新聞を10年程度触れないようにすれば、治るかもしれない。


 さて、次の左翼感染症患者はどなたになりますか?とても楽しみですね


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
左翼界隈はやはり権威(自分に都合よければ何でもいい)
を利用するのが好きですよね。
皇室を否定しているのに天皇陛下のお言葉も利用しますし。
この茂木のオッサンも以前からおかしな人だと思って
Twitterで見ていましたが、とうとう本当に狂って
しまわれたようですね。確かに次はだれが出てくるか
楽しみです。
Kanai
2015/09/07 14:37
Kanaiさん、コメントありがとうございます。
元々左翼学者なら、別にどうってことないんです。
今やってるテレ朝Q様に、ちょうど茂木が偉そうに出題や解説をしていますが、茂木は、アハそのものの見本を提供してくたわけですね。
つまり、クイズどこが変化したでしょうか、という問題ですが、「どこで私は左翼になったでしょうか」です。やや興味を引きますが、こんな脳トレは(今は忘れられた)代田ひかるの「どうでもいいですね」ということです。

 流行に乗りたがるレベルの低い学者(もうそれだけで学者なんて呼びたくないのですが)が、アリバイ作りに茂木や坂本龍一等々の真似をするのは、まさに躓きの石なんですがねえ。

 最近の左翼の動きは60年安保時代に似ている気がします。団塊世代とちょっとその上の世代が最後のあがきとして、社会運動にしてみたいと活動しているわけですが、そこに電通か何かから知恵を授けられて、現代風にアレンジして(シールズ)若者を巻き込もうとしている。

 北朝鮮を真似しての美人女性を前面に出したり、この頃はイケメン高校生タクヤ君(平成の天草四郎だって)も繰り出しているようです。

 左翼の宣伝・洗脳活動は節操もなにもなく、ただ効果、成果が上がればよい。今の堕落テレビ局の番組作りと同じです。大衆侮辱の最たるもの、それが左翼です。

推理作家笠井潔(左翼ですが)の「群衆の悪魔」という古い推理小説で、パサージュ論に寄せてこの辺のところを書いてる気がしました。できたら別途紹介します。
管理人
2015/09/07 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳科学者茂木健一郎の脳が腐ってしまった!いや左翼感染症? ネコ虎紳士の徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる