ネコ虎紳士の徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国人観光客、バカ買い、違った「爆買い」の理由は?

<<   作成日時 : 2015/02/27 22:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 気分が悪いから爆買いニュースは全く見ないので、テレビがどういう扱いをしているか知らないが、中国人は何の為にあんなに大量に買っていくのか。

 ネット解説では、日本製品の品質が良いこと、円安で価格が安いことを挙げ、中国が経済成長をして収入が上がり、中間層の人たちも海外旅行できるようになり、買物できる余裕ができたと説明している。また別のところでは、中国人観光客の多くが、富裕層の資産家で、中国人の資産家のステータスとして、良質の製品に囲まれて暮らすことが、中国人のお金持ちのステータスでもあるとのこと。

 しかしその程度の理由では、あの爆買いを説明できないだろう。大量に買って親戚に配るという理由もあるかもしれない。しかし、中国人はそんなに親切なんだろうか。それより、これがホントという説を見つけた。中国問題評論家宮崎正弘氏の説だ。

「買い物をしているのは中国人富裕層でない、彼らは中産階級である。しかも買い物の目的は帰国後の「転売」である。」

 なるほど、中国人は仕入れに日本に来ているのか。その仕入理由として「日本製品の品質が良いこと、円安で価格が安いこと」ということならうなづける。儲けるために日本にやってくる。これを日本が手もみをし、涎を垂らしながら迎えるという構図か。こんな中国人に儲けさせてやりたくないもんだ。

 この現象、要は日本製品の輸出だ。しかし、輸出とは、別の観点からすれば、富の流出だ。また、輸出に依存してしまうと、今後中国が経済崩壊した時、爆買いなんぞしに来なくなる。それが日本の不況を亢進させる。こんな一時的なことに依存してはいけない。

 しかも、日本に公害をまき散らし、旅の恥はかき捨てと帰っていく。こんなやつらにおもてなしなど全く必要ない。

 先日TBSの「ひるおび!」での爆買いについて、中国批判は許さないというコメンテータへの扱いがひどかったが、23日は日本テレビの「スッキリ」でも同様なことがあったらしい。

「本日(2月23日)放送された『スッキリ!!』で中国人観光客が爆買いするという特集が行われた。しかしその特集の中では中国人のマナーが問われるというもので、中国メディアの新華通信社が中国人にマナーを促す報道を行っていたことも紹介。そんな特集の終わりにゲストコメンテーターの勝谷誠彦が突如暴走し

「これで良いんですか!目先の金ですよ。中国からの観光客だらけの銀座なんて行きたくない。温泉地も日本人が行かなくなりますよ!僕だって行きたく無い。こういう金を持ってる人は共産党が下の人から吸い上げたごく一部の人が持ってる金なんですよね。しかも一人っ子政策なのでしつけもしてない」と激怒。

 スタジオでは加藤浩次とテリー伊藤が宥めるという場面が見られ、加藤浩次は「でも観光客として来てるんですからね」と反論。勝谷誠彦の意見も極論すぎるが、このような意見が言えるコメンテーターも必要なのではと思えてしまった。昨今の春節による中国人観光客爆買い特集にウンザリしていたのではないだろうか。」

 視聴者はどう思っているのだろうか。爆買いしてくれて、日本経済に貢献してくれる中国人はありがたい、なんて思っている奴はおらんやろう!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国人観光客、バカ買い、違った「爆買い」の理由は?  ネコ虎紳士の徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる