ネコ虎紳士の徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アホな市長の犠牲になった可哀そうな所沢市の小学生たち

<<   作成日時 : 2015/02/16 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 航空自衛隊入間基地に近い小中学校にエアコンを設置するかどうかを問う埼玉県所沢市の住民投票が昨日15日に実施され、賛成5万6921票、反対(3万47票)を上回って過半数を占めた。しかし、投票率は31・54%で有権者の3分の1に達しなかった。だから、勝ったものの市長はクーラー設置はしないだろう。

 そもそもの発端は、11年秋に当選した藤本正人市長が東電福島原発事故を念頭に、「快適な生活は多くの犠牲の上に成り立っている」として、既に決まっていたエアコン設置計画を撤回したことにある。

 所沢市の小中学校エアコン設置率は低いうえに(東京都は99%)、今回の要望は自衛隊機の騒音対策を施した「防音校舎」28校への整備計画で、防音校舎の窓を閉め切ると夏には授業に集中できないほど暑くなるからだから、特別贅沢な要求でも何でもない。全く当たり前の要求だ。

 防音校舎でなくても、このヒートアイランド化(温暖化ではない)が毎年ひどくなっている現在、教室へのエアコン設置が贅沢なんて時代遅れも甚だしい。


 特に、このバカ市長の言い分が滅茶苦茶だ。原発事故で「快適な生活は多くの犠牲の上に成り立っている」と目覚めたらしいが、お前は坂本龍一、山本太郎と愉快な仲間たちの一員か。「快適な生活は多くの犠牲の上に成り立っている」という超左翼の発想は、個人的にはいくらでもしてもよいが、そのしわ寄せを子供たちに持ってくるんじゃないよ。

 所沢市の老人が熱中症で死んでも、適度なクーラーも許さないって言うのか。クーラーは「多くの犠牲の上に成り立っている」から、熱中症も甘んじて受けよ、死んでも知らないよ、ということか。藤本という市長はおおバカ野郎というしかない。


 PTAの人たちも、バカ市長に対し、よく頑張ったと思う。わざわざこんなことで住民投票かと文句を言う奴がいるが、これこそ直接民主主義だろう。サヨクは何していたのか。こういうテーマの直接民主主義には知らん顔して、反原発には頑張るのか。


 市議会も設置決議をしたが無視されたようだから、住民投票は最後の手段だったのだろう。しかし、教室のクーラー問題は、幼児と小学生を持つ親にしかアピールできないテーマだから、そもそも成功率は低かったはず。恐らく多くの年寄りは、市長に賛成して、投票に行かなかったか行っても反対票を投じたことだろう。年寄りはケチで精神主義で経験主義だから、俺たちの子供の時はクーラーなどなかったとほざいていたかもしれない。そんな奴は今年の夏、熱中症で死んでしまえ!


 今年の秋、再選をかけた市長選があるらしい。ぜひともこの市長を落選させよ。頑張れ!それでもだめなら、東京都への転居を勧めたい。

 市は財政云々というが、本当は国が財政出動して、公共事業としてやればいいのだ。アべノミクスの第二の矢はこういうところに活かすべきなんだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アホな市長の犠牲になった可哀そうな所沢市の小学生たち ネコ虎紳士の徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる